お気に入りに追加

Website Explorer 0.9.9.9 β 41

スポンサードリンク

リンク追跡機能により指定されたウェブサイトを探査し、 その階層構造とファイル構成をエクスプローラ形式で表示するソフトです。

Website Explorer
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2008-09-18
対応OS: Windows Vista,Windows XP,Windows 2000,Windows 98,Windows Me,Windows NT
ファイルサイズ: 2.70MB
ソフト作者: 梅ちゃん堂

対応言語

Website Explorer 0.9.9.9 β 41】の開発者説明

Advertisement
リンク追跡機能により指定されたウェブサイトを探査し、 その階層構造とファイル構成をエクスプローラ形式で表示するソフトです。 また、取得されたデータをもとにサイトの更新状況、外部リンク一覧、リンクエラー一覧を表示します。 ウェブサイトにおいて使用されているファイルの抽出を実行すると共に、サイト全体のアウトラインが明らかになります。

自サイトの管理に、或いはインターネット上にある一般ウェブサイトの研究にお役立て下さい。 またウェブサイトのダウンローダとしても好評です。

Website Explorer の特長
────────────────────────────────────────

サイト解析ツールとして
ウェブサイトの階層構造・ファイル構成が一目瞭然となります。 「サイトリポート」では、サイトの総サイズ、サーバの詳細、外部リンク数、リンクエラー数、更新状況などが明らかにされます。

また「外部リンク一覧」「リダイレクト一覧」「エラー一覧」「サイト内検索」「画像一覧」において、 サイトの詳細を一覧表示します。

取得されたデータは、HTML 形式、テキスト形式で出力できるほか、Excel への書き出しも可能です。

ダウンローダとして
解析したサイトから、ファイルを指定して、またはフォルダごとまとめてダウンロードすることができます。 トップレベルフォルダを指定すればサイトの丸ごとダウンロードが可能です。

あらかじめサイトの構造を閲覧してから、ダウンロードするファイルやフォルダの選択をできるところが、 従来の一般的なダウンローダとの違いです。

自サイトやブログのバックアップに、失われ行くサイトのサルベージにいかがでしょうか。

リンクチェッカーとして
サイト全体のリンクエラーをまとめてチェック。また内部リンクと外部リンクを区別します。

「エラー一覧」にサイト内のリンクエラーが表示されるほか、 「外部リンク一覧」を調べることでリンク先サイトへの正しいリンクが行われているかどうかが確認できます。

Website Explorer はファイルごとにリンク元・リンク先の全データを保持しますので、 リンクエラーが見つかったとき、リンク元のソースに移行してリンク箇所をその場で見つけることができます。

サイトマップ XML 作成ツールとして
SEO 対策として注目されているサイトマップXMLファイルを作成することができます。 (sitemap protocol 0.9 対応済み。)

HTML ファイルのほか、テキストファイルや PDF ファイルなども指定可能。 また http://www.umechando.com/ と http://www.umechando.com/index.html のような重複 URL を回避することができます。

プログラム関連 Website Explorer

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com